胸を小さくする方法は?
胸を小さくする方法は? > 小さくする方法 > 食べ物で胸を小さくする方法

食べ物で胸を小さくする方法

胸を小さくする方法で意外と重要なのが、なんと食べ物。胸を大きくする効果のある食べ物を極力避けるようにすることがポイントです。

胸を豊かにする栄養素の代表的なものは「イソフラボン」。女性ホルモンの分泌を促進する効果のあるイソフラボンは、女性らしい体をつくるのに不可欠なものですが、摂りすぎるとバストをさらに成長させることになるので要注意です。

イソフラボンは納豆や豆腐、油揚げ、味噌などの大豆製品に多く含まれますので、大豆製品はあまり食べ過ぎないようにしましょう。

そして、胸の大きい人というのはもともと体内の女性ホルモン分泌量が多いので、抑制してあげるとよいでしょう。女性ホルモンの分泌量が減れば、胸の脂肪も落としやすくなるのでバストサイズを小さくすることは可能です。

女性ホルモンの分泌を抑制する食べ物は?

女性ホルモンの分泌を活発にさせる食べ物の反対に、分泌を抑制する食べ物があります。それは、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、菜の花などのアブラナ科の野菜です。

これらアブラナ科の野菜を加熱して摂取すると、女性ホルモンの分泌を抑える成分が体内に取り込まれます。キャベツやブロッコリーは一年を通して手に入りやすい野菜ですから、毎日の食事に欠かさず取り入れるようにしてみましょう。

コーヒーを飲むと胸が小さくなる!?


709968d27652e6e1722adf6d68a71bfd_s

胸を小さくする効果の期待できる飲み物が、コーヒー。コーヒーを1日に3杯以上飲むと、胸が小さくなるという実験データがあるのです。

具体的な原因は不明ですが、コーヒー内のカフェインが胸を小さくする遺伝子に作用することがあるようです。コーヒーを一日3杯以上、飲み続けてもるのもひとつの方法ですね。